環境経営印刷ネットワークとは

 全日本印刷工業組合連合会では、官公庁・自治体をはじめ民間企業の発注条件におけるISO14001認証取得に対する社会的要請が強まる中、日本電気(株)、(株)トーマツ環境品質研究所の協力のもと、短期間かつ低コストのISO14001認証取得支援事業(環境経営印刷ネットワーク)を実施いたしております。

 ISO14001認証が中小印刷会社に求める印刷工程毎の環境負荷や環境関連法規が同じ特性や内容であり、業界共通の標準化が可能であることから、2003年3月の日本工業新聞主催「日本経営IT大賞」において日本経済団体連合会会長賞を受賞し、先行する金属プレス業界でISO14001認証取得実績のあるNEC・トーマツ環境品質研究所共同開発の「団体共有環境マネジメントシステム」を全印工連が印刷業界版に改良し、印刷会社がISO14001認証取得に必要なマニュアルや規程類の作成及び記録保存、e-ラーニングによる社員教育、ISO審査機関によるネット審査等を可能とし、ISO14001認証取得に要する時間とコストの削減など「4e」を実現いたしました。

 また、当事業は、環境経営印刷ネットワークを名称として、参加企業がISO14001認証取得による環境負荷低減と利益創出を同時に実現する「環境経営」をサポートいたします。(ISO14001取得後は、(株)トーマツ環境品質研究所の協力のもと、環境情報をはじめ経営に役立つ情報を電子メールにて情報提供いたします。)

   
    環境経営印刷ネットワークの利用イメージおよび特長
   
    1.環境経営印刷ネットワークの利用イメージ図特徴

2.環境経営印刷ネットワークの特長
(1) 環境管理活動の効率的な日常運用を実現
環境活動記録(環境側面抽出、環境影響評価記録等)をインターネット経由で同システムに登録して環境管理活動を運用するため、審査登録が効率的に行えます。
「eラーニングシステム」管理者教育電子教材を使用し、インターネットを介して教育を実施することにより、環境管理活動の本格運用が短期間で実現可能。多忙な環境管理責任者や経営者でも業務への支障なく、いつでも学習できます。〔コンピュータに登録したコンテンツ(学習プログラム)をインターネットを通じて自分のPC(パソコン)で学習するシステム。〕

(2) 短期間でのISO14001認証取得が可能
認証取得のための審査には、「ネット審査システム」を活用。
審査においては、(1)基本情報および基本システム部分が会員企業各社で共通化されていること、(2)インターネット上に保管されている環境活動記録などをあらかじめ審査できることから、会員企業各社に対する審査時間を短縮。

(3) 環境マネジメントシステムの短期間かつ効率的な導入が可能
NECのインターネットサービス上で、会員企業各社が環境管理活動を展開するため、安心してお使いいただくために暗号化通信、ウィルスチェック、バックアップ等の対策を標準で装備しています。
会員企業各社は、基本情報と基本システム部分をネットで活用することにより、低コストで自社の環境マネジメントシステム(ISO14001)構築が可能。

※本システムを活用するにはインターネットが接続している環境であれば、全国どこでもご利用できます。なお、本システムを快適にご利用されるために、以下のパーソナルコンピュータの動作環境を推奨します。

【基本ソフト(OS)】
Microsoft WindowsXP/Vista
※Macintoshでの動作保証はしておりません。

【アプリケーションソフト)】
Microsoft Word(ワープロソフト)、Excel(表計算ソフト)、Power Point(プレゼンテーションソフト)の三つのアプリケーションソフトが必要となります。

【Webブラウザ】
Microsoft Internet Explorer5.5SP2以降。


参加申し込みからISO14001認証取得までの流れ

取得の流れ
COPYRIGHT(C) 2001 全日本印刷工業組合連合会