全日本印刷工業組合連合会(略称:全印工連)は、1955(昭和30)年9月、全国各地の印刷工業調整組合が結集し、中小印刷業界の全国団体として結成されました。その後、中小企業団体の組織に関する法律の施行に伴い、組織および名称変更を行い、さらには沖縄県の復帰 等を経て、47都道府県印刷工業組合を傘下とする現在の全国組織が形成され、 中小印刷業界の経営基盤の強化と発展を期して業界運動を展開しています。
 今、印刷産業はデジタル化、ネットワーク化、グローバル化の時代を向かえ、大きな変革が求められています。文化の発展の一翼を担う重要な産業として、これからの社会に貢献するためには、クロスメディア、クリエイティブ、フルフィルメント、地域活性、環境問題など、多くのソリューションへの積極的な取り組みが必要となります。
 このため全印工連では、連合会の主要な機能である「連帯」「対外窓口」「共済」を存分に発揮できる体制を整え、各印刷工業組合と連携しながら、組合員のために役立つ連合会を目指して諸事業に取り組んでいます。

●会長挨拶

●全印工連のあゆみ

●印刷産業人綱領

●組織・委員会機構図、役員名簿

●工組所在地一覧

●全印工連の事業

●全印工連の主な行事

●所在地・アクセス

 

COPYRIGHT(C) 2001 全日本印刷工業組合連合会